他人から友人へ

Written by Rock and Rights. Posted in Uncategorized

メディナを歩くことは、様々な色や香りや音の驚くべきブレンドだわ…全てを捉えるには目が小さすぎるんじゃないかって感じるくらいよ。きっと私は圧倒されているか、困惑しているように見えたんじゃないかしら。だって、おじいさんが自分のスタンドから一輪の薔薇を差し出しながら「全てを理解しなくても良いんだよ。笑顔の心でただシンプルな瞬間を楽しめば良いんだ」って言ってくれたから。彼は正しくて、私はすぐに笑顔になったわ!あの人の目は、密度の高い人混みの中の私を見るだけ繊細であって、彼の心は誰かの友達になるのがシンプルなんだって教えてくれるだけ繊細だった。他人から、1分後には友人よ。

– Miss Isabel

Trackback from your site.

Leave a comment