国際人種差別撤廃デー

Written by Rock and Rights. Posted in Uncategorized

人種差別は目に見えない嫌悪
世界で一番カラフルな奇跡を
最も暗い影に変えてしまう

自分本来の色を見せよう。ストップ レイシズム!
– アレックス・フォスター

国際女性デー : Jeff

Written by Rock and Rights. Posted in Uncategorized

今日、僕らは国際女性デーをお祝いしてる。それって、僕にとっては変なことなんだよね。だって今は2016年だよ。僕は賞賛する女性や、影響を受けた女性について言葉を書いてくれって言われた…でも、今日という日に、僕のプラットフォームを使って、僕ら男性や女性を招き、現代社会に今も根強く残る性差別について、シンプルに何か行動を起こさないかと声をかけたい。世の男性たちよ、どうしたんだい?何をそんなに怖がってるんだよ?性差別の根源にあるのは恐れだと思ってる。それ以外にない。何で女性は教育を受けたり、投票権を得るために戦わなきゃいけないんだろうか。何で一部の国で女性は顔を隠さなきゃいけないんだい?何で性器切除を経験しなきゃいけないんだろう?僕が今、「ねぇお父さん、何で世界ではこういうことが起こっているの?」って聞く10歳の少年みたいだってことは分かってるさ。それでも、こういうことが世界では起きていて、その理由はただ一つ、”恐れ”なんだ。

僕はパンクロックを見つけるまで、変な風に育った。僕にとって全ての筋が通る場所、それがパンクロックだった…。規則が全ての場所で、学校内をはじめ、両親やその友人や、地域の権力者なんかに対して、どこまで違いを受け入れてもらえるかっていうチャレンジだったかもしれないけど…全てにおいて、規則じゃなくて、僕自身が考え出したことじゃなきゃいけなかったんだ。朝起きるために、モットーやモチベーションとして強烈なメソッドを使っていたよ!今も同じスピリットのままなんだ。でも、より素晴らしい目的を持ってね。だって、みんなで一緒に、この世界に本当の変化を起こさなきゃいけない、きっと起こせるって思ってるから。この21世紀を、歴史上で男性と女性が平等になって生きる初めての時代にしようじゃないか?僕は、自分の信じることのために立ち上がったローザ・パークスのような女性に感謝したい。それがモンゴメリー・バス・ボイコット事件へと導いたんだ。そして、生きる上で何をも恐れることはない、必要なのは理解だけだと言ったマリ・キュリーにも感謝したい。エメリン・パンクハーストは、旦那さんと協力して、無関心を取り除き、女性を投票へと導いた。オードリー・ヘプバーンは、自分の名声を使ってユニセフ大使となり、必要な人たちのために希望の種をまいた。まだまだ続けられるよ。だって世界の歴史は、こういう勇敢な女性たちがいなかったら、今とは全く違っていただろうからね。でも、今日、本当にしたかったことは、君たちみんな、僕の大切な女性の友人、姉妹たちが、毎日、不平等と向き合い、女性のあり方、振る舞い方、話し方、そして、夢にまで圧力を与えられる近代社会と向き合っている、その勇気に感謝をし、敬意を示したいと思ったんだ。

最後に、平等と尊敬こそが輝き、互いの成長へのインスピレーションになるべきだと思うんだ。平等な人間として生き、夢を見るためのね。みんなと手を取り合って、恐れることなく、歩いていきたいと思ってる。僕らがともに、男女間の不平等を終わらせたんだって、未来の世代の人たちが読めるようにね。協力してくれるかい?

– Jeff

国際女性デー : Miss Isabel

Written by Rock and Rights. Posted in Uncategorized

本当の力は、お金、人気、力や雄弁さじゃない…
自由こそが力よ。
世の中の女性たちが、もっともっと自由をその心に、魂に得ることができますように。そして、私たちの力が社会に影響を与えるのを見ることができますように。
女性が自由になる日よ!

人権デー

Written by Rock and Rights. Posted in Uncategorized

私たちは皆、罪を持っています。それはバンドメンバーも、例外ではありません。でも、もしもそこから自由になれるのだとしたら?ジャッジされることのない、純粋でシンプルな発言の自由、表現の自由、ありのままでいる自由。それこそ、毎日の生活で何よりも勝るべきもののはずです。この自由を持つことができない人たちに敬意を込めて、私たちは結束し、立ち上がります。

例外なく、全ての人に人権を。それこそ、Your Favorite Enemiesのメンバーが日々、実行に移しているモットーであり、何年も戦ってきたことです。

アルバムを見る

À nous maintenant de briller de tous nos feux

Written by Rock and Rights. Posted in Uncategorized

Message d’Alex, suite aux attentats de Paris.

Je suis présentement à l’aéroport de Montréal en compagnie de Jeff. Nous quittons pour Tokyo dans moins de 2 heures. Nous n’avons pu fermer l’oeil de la nuit, inquiets pour nos êtres chers qui manquent toujours à l’appel et résolument déterminés à ne pas succomber aux extrêmes émotions que pareils actes de barbarie pourraient nous sembler raisonnable de vivre en pareille occasion.

La véritable victoire de la terreur s’avère sa propension à créer de nouveaux monstres, justes ou non. Ce matin, alors que je ne peux que penser à nos amis qui manquent toujours à l’appel, alors que rage, peine, incompréhension et consternation s’entremêlent dans mon coeur, dans mon âme, je pense à tous nos êtres chers… Et malgré la profonde souffrance qu’est la nôtre, je me refuse à faire surgir ce monstre vengeur. Je renonce à devenir l’ombre de ces abominables actes du mal. Car elle est là la victoire de ceux qui sèment la mort; le triomphe de la haine s’avère l’appel à nos instincts les plus primaires, à nos sentiments les plus insondés.

Ce matin, j’ai mal d’une blessure innommable puisqu’indescriptible, puisqu’insoutenable… Et je pense à ceux que j’aime, qui ont de justesse évité le courroux de l’injustifiable. Je pense à ceux qui, comme nous, ont perdu des êtres chers aux mains de la sauvagerie des uns devenue l’horreur des autres. Je pense à ceux qui ce matin ont la force de se lever avec la singulière détermination de continuer ce qui sera désormais considéré comme le combat de la compassion et de l’amour. Je pense à ceux qui, après avoir été fauchés par l’infamie de l’extrême abnégation de la valeur de l’autre, nous rappellent de vivre au-delà de la folie engendrée par l’abomination du désespoir. Ce matin, au-delà de la répulsion que mon coeur éprouve face aux images que les infos nous balancent en boucle, je veux simplement prendre le temps, en mon nom et au nom des membres de la grande famille de Your Favorite Enemies, pour vous dire ce que mon effréné quotidien m’y illusoirement contraint de vous partager trop souvent, c’est à dire à quel point vous êtes toutes et tous incroyablement précieux pour nous. Ce matin, après avoir été si majestueusement Charlie, le monde est amèrement Paris. Mais devant telle tragédie, et bien que j’aie peine à n’être bien plus que moi-même ce matin, je ne suis ni Charlie, ni Paris, pas plus que je ne me sens Amnistie Internationale. Mais malgré l’aberration de cette admission, je m’en vois néanmoins rassuré, car l’arme que nous avons tous face à la frayeur que sème la terreur est de se savoir plus que jamais humain, ce qui m’invite à vous dire humblement que je vous aime, bien que la profondeur de ce sentiment m’échappe si cruellement souvent. La plus petite lueur a le pouvoir de terrasser la plus profonde noirceur. À nous maintenant de briller de tous nos feux.

– Votre frère, votre ami, Alex.

Your Favorite Enemies & ライフ・バダウィ

Written by Rock and Rights. Posted in Uncategorized

4月10日に、Rock N Rightsを通して、Your Favorite Enemiesのメンバーとクルーはアムネスティ・インターナショナルのメンバーたちに混ざってライフさん解放のデモンストレーションをしました。今日も鞭打ちが延期されましたが、ライフさんはまだ自由になっていません。皆さんも、このことを拡散して下さい。そして、署名にサインしたり、公的機関にライフさん解放の手紙を送るなど、皆さんにもできる限りのことをして頂きたいと思います。

エンサフ・ハイダーさんからのメッセージ

Written by Rock and Rights. Posted in Uncategorized

先週の金曜日、Rock N Rightsを通して、バンドメンバーはエンサフ・ハイダーさんとアムネスティ・インターナショナルのメンバーに会いに行ってきました。ここに、エンサフさんから皆さんの手紙に対するお礼のメッセージがあります。どうぞ、手紙を送り続けて下さい。それこそ、手にできる希望の形であり、彼女や家族への励ましとなります。

Eメール:badawi@rocknrights.com

エアメール宛先:
Rock N Rights
1100 Jogues
Drummondville, Quebec
J2B 4X9

Raif Badawi

Written by Rock and Rights. Posted in Uncategorized

アレックスとジェフの原動力であり、彼らがアムネスティ・インターナショナルのスポークスマンとして活動を始めた理由、それは言論の自由でした。2005年よりずっと彼らの心にあったものです。そして今日は、皆さんにもご協力をお願いしたい署名運動があるのです!署名をするには時間もかかりませんし、コストもかかりません。あなたにとって意味のないことでも、誰かにとっては大きな意味を持つことだってあるのです!

ライフ・バダウィさんは、サウジアラビア出身のライターであり社会活動家です。彼の家族は、YFE本部からもそう遠くないケベック州のシャーブルックに住んでいます。バダウィさんは、電子的方法でイスラム教を侮辱したとして2012年に逮捕され、背教を含めた様々な容疑において起訴されました。2013年に、法廷で禁錮7年とむち打ち600回の判決を受け、更に2014年には、禁錮10年とむち打ち1000回の判決を受け、確定しました。むち打ちは20週間に及んで執行されます。2015年1月9日に、1回目の公開むち打ちが執行されました。

現在、この刑罰は最高裁判所によって見直されており、 更に前週に受けた傷が癒えていないとの理由で、2015年1月16日に受ける予定だったむち打ちは執行されていません。

署名活動にご協力お願いします。そして、今回のことが刑罰の中断ではなく中止となり、判決の見直しがされるよう願いましょう。

http://rocknrights.com/ja/write-to-raif-badawi/

Silence Is Murder

Written by Rock and Rights. Posted in Uncategorized

“Silence Is Murder”(沈黙は殺人)という言葉は近代の孤立主義、そして他人の状況に対する全体的な解離についての、個人的な反映なんだ。

色んなコミュニケーションができる時代にいながら、僕らは自己の無頓着さや身勝手な沈黙に気付いたことはない…無関心、それ自体が命を奪うんだと僕らは信じているんだ…僕らの沈黙は殺人なんだよ!!!自分をさらけ出して、自らが変えるんだ!!!

-アレックス・フォスター

Hope Project

Written by Rock and Rights. Posted in Uncategorized

2011年3月11日、日本の東北地方沿岸部が近代史上最も大きな地震と津波に襲われ、人々の間に恐怖と絶望感を与えました。そのような絶望の中でも、最も小さな希望の囁きが人々を勇気づけ、人生を再び開花させるための十分な声になるという強い想いから、 Your Favorite EnemiesはHopeプロジェクトを立ち上げました。被災者の方々へ希望の種をまくため、応援メッセージを書いてもらうことにしました。シンプルな言葉や応援の言葉が、悲しみを抱えた人々にとってどれだけ重要であるかということを多くの人に気付いてもらうため、そして思いやりを行動に変える後押しをするためです。メッセージはこのような暗い時期の希望に満ちた光となって配られることでしょう。

Your Favorite Enemiesは5月25日、宮城県南三陸町にある避難所を訪れました。世界中から集められたメッセージカードや、これまで Hopeプロジェクトに寄せられた言葉をボランティアの人々に伝えるためです。この日、数千ものカードが届けられました。そしてこのプロジェクトは今も続けられています。

メッセージを書いて参加するにはここをクリックして下さい!あなた自身を表現して下さい!