気にかけるかぎり

Written by Rock and Rights. Posted in Uncategorized

今回のようなメッセージを書くのは、ひどく心が痛む…自分の故郷で狂気が乱暴に人々の命を奪ったからでなく、絶望的なまでに皮肉ったり、感情を断つことなく周りを見ることが、僕にはどんどん難しくなっているからだ…

まるで世界が、というか成長を遂げているはずの現実が、どんどん、ぼやけていっているかのよう。まるで毎回、自分の人生の外を見るよう強制されるたびに、どうしようもできないまま、目の前で明るい色が消えていくのを見なければいけないかのよう。安息の地だと思っていた場所に、逃れられない恐怖がどんどん近づいてくることによって、その一瞬、突然、目が見えるようになったかのようだ。

”恐怖”が憎むべき暗闇を連れて、交流のテーブルを訪れ続ける中で、希望、愛や平和について考えることは、ひどく心が痛む。まるで忌むべき悪が僕の全てに、僕が信じてきた全てに、僕が行動に移してきた思いやりを定義するもの全てに、挑戦しているかのようだ。自分自身の心の奥底を見てみろって言われてる気がする。でも、僕の心にある全ては、憎しみの存在を否定し、非難し、生き続けるために違う方向を見ている。まるで…まるで、何だ…?時に僕は、混乱しすぎて自分に嘘すらつけない…”きっと大丈夫だ”と囁き続ける。でも、どうやって大丈夫だなんて分かる?僕は悩み続ける。混乱しても良いんだろうか?分からない。

シャルリー・エブドの残虐行為から、許すことのできない憎しみに満ちた悲劇の数々や、それに関する写真や動画など、僕が最も嫌悪するのは、様々なメディアから聞えてくる無関心極まりないナンセンスだ。”エキスパート”、”スペシャリスト”、”オブザーバー”や”コメンテーター”は、ニュースが発信されてから、たった数秒後に、頭を使わずとも分かるいつものバカげた言葉を流す。 今朝、僕が聞いたカス情報は、政治的、社会的に考えても知的さの欠片もないものだった。とても不愉快だったよ。自分の本、協議会やサービスについて宣伝していた…思いやりも、共感も、同情も、恩恵もない。自分の宣伝だけで、一言触れることすらしなかった。すごく気分が悪くなったね。こういう繊細さの欠如にうんざりしすぎて、何事もなかったかのように今日1日を過ごすなんてできなかった。想像を絶したよ。そして、ドナルド・トランプが大統領に選ばれたから、神様はどれだけの狂気を僕らが耳にしてきたか知ってるはずだ。女性を性の対象として描き、難民を禁じ、暗殺のジョークに、ホワイトハウスに爆弾を仕掛けることについて公に話したりね。政治的、社会的な修辞学は、感覚がまったく堕落しすぎて、もはや馬鹿げた哀れみすら感じない。おぞましいよ。

実際、大晦日にイスタンブールで起きた恐ろしい事件のあと、僕は自分に約束したんだ。もう、こういう悲劇について書くのは止めようって。自分の感情を表現するのに言葉じゃ足りないとき、そうする強さがまだある人へと譲った方が良いと思って。でも、世界中にいる、文化も宗教も、社会的、経済的、政治的視点も違う多くの友人たちからメッセージを受け取って、僕が恐れるべきは、自分の弱さでも、混乱でも、疑いでもなく、沈黙だと気付いた…苦しみ、悲しみ、憎しみを育てる全てのものに対する血清は、招待し続け、ありのままを歓迎し、チャンスを掴み続けることだ…

これを書きながら、僕はまだ混乱している。今も無力さを感じ、全てを嫌悪してる。けど、最近モロッコからの友人が僕に書いてくれた言葉が、今日は心の中で響いているんだ。“がっかりしても良いんだよ。混乱しても、恐れても良い。僕らはみんなそうだ。愛、平和、世界…僕らが気にかけるかぎり、見込みのない試みなどないよ。僕らが気にかけるかぎり、いつだって希望はあるのさ。君が信じる道を歩き続けて。そして、心が折れそうになったときや諦めかけたとき、僕のように、君のことを気にかける人たちがいることを思い出して”

そして“きっと大丈夫だ”と囁き続け、”でも、どうやって大丈夫だと分かる?”と悩み続けながら、結局、僕は気にかける何百万人のうちの一人だから、大丈夫だって分かるんだと思った。メッセージを送ってくれて、そして僕を歓迎してくれて、どうもありがとう。僕の家族、愛する人たち、そして僕自身は無事だよ。世界はどんどんモノクロの荒涼へと化しているように見えるけど、失われたと思っていた色は、君の寛容な手の中に安全に抱かれていると知っている。僕の親愛なる兄弟、姉妹、愛する人たち…輝き続けよう!!!

– Alex

オリジナルの英語バージョンより翻訳:Momoka

Rock N Rights x Justin Trudeau

Written by Rock and Rights. Posted in Uncategorized

数日前、エンサフ・ハイダーさんとそのご家族が、旦那さまであるライフ・バダウィさんの状況について、カナダの首相と面会をしました。この面会がライフさんを助け、自由にし、できるだけ早く彼が家族の元へ戻ることができますように!そして、この場を借りて”Blinded I See” Tシャツを着ているドゥーディ君へ。真実を声に出すことは、決して罰せられるべきことではありません。自分が信じることへの態度を明確にしていきましょう…今日も、そしていつでも!

“再び” – ニース連続テロへの言葉

Written by Rock and Rights. Posted in Uncategorized

ニース連続テロへの言葉

だから今日は、僕の想い、僕の祈りを捧げると決めたよ…僕の兄弟、姉妹、友人、愛する人々、僕の言葉では苦しみが癒えることはないと分かっているし、きっと慰めにもならないかもしれないけど、僕の最も誠実で無償の愛を君に贈るよ…それぞれ違いがある中で、人を結ぶものは愛であり、それが互いの関係を築かせてくれるんだ…”再び”。

– Alex

もっと読む

“憎しみ&爆弾に対する答えが愛であるなら…”

Written by Rock and Rights. Posted in Uncategorized

今朝ベルギーで起きた出来事について、アレックスが言葉をシェアすることにしました。今現在、彼の頭にある思いや考えをシェアしたのです。私たちも彼の考えに、そして皆さんの心に寄り添いたいと思いました。この出来事に誰もが影響を受けましたから…

アレックスの文章を読む

国際人種差別撤廃デー

Written by Rock and Rights. Posted in Uncategorized

人種差別は目に見えない嫌悪
世界で一番カラフルな奇跡を
最も暗い影に変えてしまう

自分本来の色を見せよう。ストップ レイシズム!
– アレックス・フォスター

国際女性デー : Jeff

Written by Rock and Rights. Posted in Uncategorized

今日、僕らは国際女性デーをお祝いしてる。それって、僕にとっては変なことなんだよね。だって今は2016年だよ。僕は賞賛する女性や、影響を受けた女性について言葉を書いてくれって言われた…でも、今日という日に、僕のプラットフォームを使って、僕ら男性や女性を招き、現代社会に今も根強く残る性差別について、シンプルに何か行動を起こさないかと声をかけたい。世の男性たちよ、どうしたんだい?何をそんなに怖がってるんだよ?性差別の根源にあるのは恐れだと思ってる。それ以外にない。何で女性は教育を受けたり、投票権を得るために戦わなきゃいけないんだろうか。何で一部の国で女性は顔を隠さなきゃいけないんだい?何で性器切除を経験しなきゃいけないんだろう?僕が今、「ねぇお父さん、何で世界ではこういうことが起こっているの?」って聞く10歳の少年みたいだってことは分かってるさ。それでも、こういうことが世界では起きていて、その理由はただ一つ、”恐れ”なんだ。

僕はパンクロックを見つけるまで、変な風に育った。僕にとって全ての筋が通る場所、それがパンクロックだった…。規則が全ての場所で、学校内をはじめ、両親やその友人や、地域の権力者なんかに対して、どこまで違いを受け入れてもらえるかっていうチャレンジだったかもしれないけど…全てにおいて、規則じゃなくて、僕自身が考え出したことじゃなきゃいけなかったんだ。朝起きるために、モットーやモチベーションとして強烈なメソッドを使っていたよ!今も同じスピリットのままなんだ。でも、より素晴らしい目的を持ってね。だって、みんなで一緒に、この世界に本当の変化を起こさなきゃいけない、きっと起こせるって思ってるから。この21世紀を、歴史上で男性と女性が平等になって生きる初めての時代にしようじゃないか?僕は、自分の信じることのために立ち上がったローザ・パークスのような女性に感謝したい。それがモンゴメリー・バス・ボイコット事件へと導いたんだ。そして、生きる上で何をも恐れることはない、必要なのは理解だけだと言ったマリ・キュリーにも感謝したい。エメリン・パンクハーストは、旦那さんと協力して、無関心を取り除き、女性を投票へと導いた。オードリー・ヘプバーンは、自分の名声を使ってユニセフ大使となり、必要な人たちのために希望の種をまいた。まだまだ続けられるよ。だって世界の歴史は、こういう勇敢な女性たちがいなかったら、今とは全く違っていただろうからね。でも、今日、本当にしたかったことは、君たちみんな、僕の大切な女性の友人、姉妹たちが、毎日、不平等と向き合い、女性のあり方、振る舞い方、話し方、そして、夢にまで圧力を与えられる近代社会と向き合っている、その勇気に感謝をし、敬意を示したいと思ったんだ。

最後に、平等と尊敬こそが輝き、互いの成長へのインスピレーションになるべきだと思うんだ。平等な人間として生き、夢を見るためのね。みんなと手を取り合って、恐れることなく、歩いていきたいと思ってる。僕らがともに、男女間の不平等を終わらせたんだって、未来の世代の人たちが読めるようにね。協力してくれるかい?

– Jeff

国際女性デー : Miss Isabel

Written by Rock and Rights. Posted in Uncategorized

本当の力は、お金、人気、力や雄弁さじゃない…
自由こそが力よ。
世の中の女性たちが、もっともっと自由をその心に、魂に得ることができますように。そして、私たちの力が社会に影響を与えるのを見ることができますように。
女性が自由になる日よ!

人権デー

Written by Rock and Rights. Posted in Uncategorized

私たちは皆、罪を持っています。それはバンドメンバーも、例外ではありません。でも、もしもそこから自由になれるのだとしたら?ジャッジされることのない、純粋でシンプルな発言の自由、表現の自由、ありのままでいる自由。それこそ、毎日の生活で何よりも勝るべきもののはずです。この自由を持つことができない人たちに敬意を込めて、私たちは結束し、立ち上がります。

例外なく、全ての人に人権を。それこそ、Your Favorite Enemiesのメンバーが日々、実行に移しているモットーであり、何年も戦ってきたことです。

アルバムを見る

À nous maintenant de briller de tous nos feux

Written by Rock and Rights. Posted in Uncategorized

Message d’Alex, suite aux attentats de Paris.

Je suis présentement à l’aéroport de Montréal en compagnie de Jeff. Nous quittons pour Tokyo dans moins de 2 heures. Nous n’avons pu fermer l’oeil de la nuit, inquiets pour nos êtres chers qui manquent toujours à l’appel et résolument déterminés à ne pas succomber aux extrêmes émotions que pareils actes de barbarie pourraient nous sembler raisonnable de vivre en pareille occasion.

La véritable victoire de la terreur s’avère sa propension à créer de nouveaux monstres, justes ou non. Ce matin, alors que je ne peux que penser à nos amis qui manquent toujours à l’appel, alors que rage, peine, incompréhension et consternation s’entremêlent dans mon coeur, dans mon âme, je pense à tous nos êtres chers… Et malgré la profonde souffrance qu’est la nôtre, je me refuse à faire surgir ce monstre vengeur. Je renonce à devenir l’ombre de ces abominables actes du mal. Car elle est là la victoire de ceux qui sèment la mort; le triomphe de la haine s’avère l’appel à nos instincts les plus primaires, à nos sentiments les plus insondés.

Ce matin, j’ai mal d’une blessure innommable puisqu’indescriptible, puisqu’insoutenable… Et je pense à ceux que j’aime, qui ont de justesse évité le courroux de l’injustifiable. Je pense à ceux qui, comme nous, ont perdu des êtres chers aux mains de la sauvagerie des uns devenue l’horreur des autres. Je pense à ceux qui ce matin ont la force de se lever avec la singulière détermination de continuer ce qui sera désormais considéré comme le combat de la compassion et de l’amour. Je pense à ceux qui, après avoir été fauchés par l’infamie de l’extrême abnégation de la valeur de l’autre, nous rappellent de vivre au-delà de la folie engendrée par l’abomination du désespoir. Ce matin, au-delà de la répulsion que mon coeur éprouve face aux images que les infos nous balancent en boucle, je veux simplement prendre le temps, en mon nom et au nom des membres de la grande famille de Your Favorite Enemies, pour vous dire ce que mon effréné quotidien m’y illusoirement contraint de vous partager trop souvent, c’est à dire à quel point vous êtes toutes et tous incroyablement précieux pour nous. Ce matin, après avoir été si majestueusement Charlie, le monde est amèrement Paris. Mais devant telle tragédie, et bien que j’aie peine à n’être bien plus que moi-même ce matin, je ne suis ni Charlie, ni Paris, pas plus que je ne me sens Amnistie Internationale. Mais malgré l’aberration de cette admission, je m’en vois néanmoins rassuré, car l’arme que nous avons tous face à la frayeur que sème la terreur est de se savoir plus que jamais humain, ce qui m’invite à vous dire humblement que je vous aime, bien que la profondeur de ce sentiment m’échappe si cruellement souvent. La plus petite lueur a le pouvoir de terrasser la plus profonde noirceur. À nous maintenant de briller de tous nos feux.

– Votre frère, votre ami, Alex.